3/12/水 – ニューヨーク州知事、セックス・スキャンダルのため辞職

ニューヨーク州知事、セックス・スキャンダルのため辞職

 ニューヨーク州のエリオット・スピッツァー知事(民主党)は高金(4千ドル?)でコールガールを雇ったセックス・スキャンダルのため、その動向が注目されていましたが、水曜日に辞職すると発表しました。(注:彼は性教育やマイノリティ支援の進歩派でもあったので、このような私的な欲望のために失脚せざるを得なかったことは残念です。他のニュースによると、彼は野心家で自分の力におごったとしか言い様がないそうです。)
  48歳のスピッツァーがバレンタインデーの前夜、豪勢なワシントンホテルのコールガールに何千ドルも費やしたという事件が2日前に表面化し、スキャンダルになりました。水曜日は、スピッツァーは二日前の彼より落ち着いていました。(二日前は、彼は青ざめていて、どんよりした目のように見えました。) カップルは水曜日、何インチも離れて静かに立っていました。会見に現れる時も去るときも、彼らは決して触れませんでした。近距離で何百枚もの写真が取られたとき、彼の妻は深呼吸をしました。スピッツァーのそれぞれの言葉は、同時にカメラのフラッシュに伴われました。
  「私はどのような感覚の知事だったか自分を振り返ります。行われるべきことがまだたくさんあります。そして、私は自分の個人的な問題で人々のための仕事を中断するのが残念です。」と、スピッツァーは言いました。妻のSildaは無表情で彼の側に立っていました。 辞職は月曜日に有効であり、 副知事デヴィッド・パターソンが後を受け、ニューヨーク州の最初の黒人の知事になります。 (Advocate)

******************************************
ニューヨーク法廷:トランスジェンダーの女性の差別の訴え、通る

 Housing Worksからのプレスリリースによると、ニューヨーク州最高裁判所は、「トランスジェンダーの女性」が差別の訴えを続けるのを許容して、先週ニューヨーク市の公共交通機関管理局の従業員がNY市の人権法から免除されるべきではないと裁決しました。ロバート・J.ミラー司法官は「人権法はニューヨーク市のトランスジェンダーの人々を保護します。地下鉄に乗ることによって、トランスジェンダーの人々は、人格を下げたり、また人権法の保護を失ったりしません。」と言いました。
 この事件は、 2006年に、トレーシー・バンパス(40歳のブルックリンの居住者)が、公共交通機関管理局に対して起こした訴訟で、彼女が地下鉄カードに関して助けを求めた後に、従業員が地下鉄のプラットホームで彼女に悪質な論議をしたと申し立てていました。市の公共交通機関管理局はその件を二度却下させようとして失敗していました。
  ロバート・ベイシガルプイ(Housing Worksの弁護士)は、プレス・リリースで、判決がトランスジェンダー・コミュニティの勝利であると言いました。「しかしながら、この決定は、とても重要な意味があります。4万人以上の公共交通機関の従業員は、人種、教義、性のアイデンティティと表現に基づいているか否かに関係なく、誰に対しても差別の責任から免れないことが確証されました。これは歓迎される先例です。」 (2/27/08, Advocate)

******************************************
ハワイ大学のゲイ・カップルの学生が家族住宅の訴え

 AP通信によると、ゲイのカップルが、前年にそこに住んだにもかかわらず、ハワイ大学の学生家族用住宅に住むのを大学が許可しないため、訴えたそうです。 大学は、州が同性婚を認識していないので住宅を提供することができないとジョゼフ・オリアリーとフィ・ゴー(?Phi Ngo)に言いました。カップルは、オフキャンパスでの生活費(アパート代、食費、交通費)はキャンパス内のそれより高いと議論しています。ゲイの権利の活動家グループ、Lambda Legalは、大学が同性愛の教授カップルのための利益を許容するのに注意してこのケースを引き受けました。「大学は、昨年家族用住宅に住むジョーとフィに関して全く問題にしませんでした。大学が今になって突然ゲイであることを問題にして禁止したのか理解できません。」と、ブライアン・チェイス(Lambda Legalの弁護士)は記事で言いました。また、Lambda Legalは、ハワイ最高裁が、同性カップルのための利益の否定は州憲法に違反する差別であると裁決していると言いました。 ( Advocate)

ゲイ・カップル家族住宅の入居を許可される(3月14日金曜日)

 ハワイ大学は、訴えることを決めたゲイ・カップルがキャンパスで家族用住宅に住むことができると発表しました。 職員は、水曜日に学校が家族用住宅を同性カップルを認める方針に取り組んでいると発表しました。大学長のフランシスコ・ヘルナンデスは、訴訟は驚異的であり、がっかりしたと言いました。 (3/14/08, Advocate)