8/5/火 – ゲイ・ユースのドラッグとアルコールの高い使用度:ピッツバーグ大学の研究者の調査結果

ゲイ・ユースのドラッグとアルコールの高い使用度:ピッツバーグ大学の研究者の調査結果

 ピッツバーグ大学 (UPMC)の研究者は、Addictionの最新号で、LGB(レスビアン、ゲイ、バイセクシュアル)の若者の薬物使用の可能性は異性愛の若者より平均して190%高いと発表した。 その上、バイセクシュアル・ユースは340%、レスビアン・ユースは400%、とサブ・グループの可能性は実質的にもっと高いことがわかった。
 研究を指導した精神医学部&クリニックのマイケル・P・マーシャル助教授は、「若いLGBの間で中毒の大きな要因となるのは、同性愛嫌悪、差別、およびいじめや攻撃です。歴史は、取り残されたグループが圧迫され、平等の機会と平等の権利を持たないとき、苦しむことを示しています。私たちの調査結果は、同性愛の若者が例外でないことを明確に示しています。」と言う。
 性的指向と十代の薬物使用との関係をテストした1994年から2006年までの18のメタ分析では、ピッツバーグ大学の研究者たちは、同性愛者の若者がタバコ、アルコール、マリファナ、及びコカイン、メタンフェタミン、あるいは注射投与薬を含む他の違法医薬品をよく使うと報告したことがわかった。彼らの研究のほとんどすべては横断面で、この傷つきやすい人たちの薬物使用の長期のパターンやその行く末に関してはほとんど知られていない。
 さらに、研究者たちは米国医師会、米国薬害研究所、米国アルコール・アルコール中毒研究所及び薬物研究所によって発表された防止と介入ガイドラインの系統的なレビューを行った。 彼らは、これらの団体のどれも「性的指向」が十代薬物使用の危険要素になっていることに言及せず、またどうやってそのような問題を防ぐかという情報を研究者やヘルス・ケアの専門家に提供しなかったと報告している。
 マーシャル助教授は、「暴力的で同性愛嫌悪の社会に住んでいるにもかかわらず、非常に多くのゲイ・ユースは健康で幸せです。しかし、彼らは何よりも家族や友人の愛、支援、受けいれを必要としています。健康管理の関係者たちは、ゲイ・ユースと彼らのニーズについて議論するために、安全で秘密にできる環境を提供するのも必須です。」 (03/26/08, Medical News Today)