8/7/木 – いじめっ子が繰り返しいじめるタイプの男の子

いじめっ子が繰り返しいじめるタイプの男の子

 それぞれの学校に行くために道路の角で姉妹といっしょにバスを待っている、ひょろ長い、骨ばった男の子が立っています。彼の名前は、ビリー・ウルフ、悩みを持った高校2年生です。ちょっと前に、彼は、のん気な5歳の子どもとしての写真が飾ってある、聖域である家を出ました。今彼は、野球帽をかぶって、傷つきやすい15歳としてバス停にいます。
 スクールバスの黄色と同じ車が止まりました。降りてきた男の子はそばにいる兄弟に「ビリー・ウルフを痛めつけよう」と言っています。一人は携帯電話のカメラで襲撃を記録しますが、もう片方は、ビリーの方に歩いて、こぶしサイズのみみず腫れができるくらい彼の額をなぐります。
 ビデオは、ひょろ長い腕でビリーが食い止めようとし、防ごうとする彼のかばんが落ちて、よろめくのを映しています。 しかし、彼の姉妹の悲鳴は冷酷さを止めさせます。ビリーは再び家に帰りますが、いじめっ子は、その瞬間のビデオを友人に見せるために学校に向かいます。 まだ朝の8時前です。
 全米の中でもいい学校組織を持つ、ここ6万都市のフェイエットビルFayettevilleですが、いじめはいたる所に存在します。10年前、フェイエットビルの一人の生徒が、ゲイであることで脅かされ暴力を振るわれました。それ以来、人権権利団体によって告訴が提出された後、市当局は寛容と尊重を促進するための方針を取り入れましたが、ビリー・ウルフのように全部が安らぎを得たとは言えません。
 どうしてビリーが12歳のときからいじめのターゲットになったかは、不明瞭なままです。 「学校人類学」はとても微妙な違いがあります。 多分、ビリーはとても背が高く、当時目がねをかけていて、読解力に影響する学習障害があったので、それらのどれかが原因かもしれません。 あるいは、多分何人かの子どもはただ退屈しのぎに、あるいは何かの腹立ちまぎれにビリーをターゲットにしたのかもしれません。
 理由が何であっても、ビリーのいじめを記述するのは彼の両親の副業になりました。 データ・アナリストの父親カート、事務用品会社所有者の母親ペニー。 彼らは、打撲傷と目の回りのあざを記録する写真を伴った学校の記録のバインダーと警察への報告書を持っています。彼らは学校の職員によく知られていますが、用心深いことの言いわけを全くしません。 また、彼らはこのいじめのために地区から引っ越すべきであるというどんな提案も拒絶しています。
 多くの事件が一つの拡大されていく襲撃に一緒にぼけるようにみえます。 ビリーがいじめっ子の名前をリストするとき、母親は彼の誤りを正します。 「それはベニーだったよ。8年前ね。」と、彼女は言います。 ずっと昔、一人の少年が電話してきてビリーにheh-hehというセックスのおもちゃを買わないかと持ちかけました。ビリーは、自分の母にそのことを話しました。すると母親はその少年の母親に知らせました。翌日、その少年は
ビリーを痛めつけたがっていた20人の少年の名前のリストをビリーに見せました。
 ペニー(母)はカート(父)も彼女も次にいじめが起こるのがわかっていたと言います。彼女は、学校に警告しようとしたと言います。がその時、いたずらの呼び出しがあってビリーはマクネイア中学校のトイレでなぐられました。その後、上記のスクールバスの少年がビリーをこぶしでなぐりましたが、バスの防犯カメラがビリーの無実を立証するだろうという彼の願いにもかかわらず、自宅謹慎を命じられたのはビリーでした。ペニーは数日後校長が彼女を学校に呼び出して、ティッシュ1箱を贈って、ビリーが本当のことを言っていたのを明確に示したバスのビデオを見せたと言います。
 事態が悪化しました。 ウッドランド中学校で、木工のクラスの何人かの少年が、一人の大きな少年に、ビリーが彼の母親に関してくずのように話していたと信じさせました。 ミニチュアの家を建てることで忙しいビリーは、彼が近寄るのに気が付きませんでした。その少年が非常に強く彼の左のほおを殴ったので、彼はしばらく意識を失いました。
 ペニーは、かかりつけの歯医者がビリーのほおの内部を縫ったのと、学校側が、ビリーはそれに価すると言って警察を呼ぶのを拒否したのを思い出します。特に、彼女は息子の様子を思い出します。彼女が「彼は血を吐き出し続けました」と言った時、まだ強いその記憶は彼女の声をふるえさせます。現在のビリーは学校を恐れています。ストレスでまいっています。両親にその理由を尋ねましたが、それは、来続けました。
 中学3年生の時、二、三人の少年たちが「ビリー・ウルフを憎んでいるみんな」と言う卒業記念アルバムを始めました。それは、ピーターパンの肖像に重ねられたビリーの顔の写真を特徴として、「小さいビッチであるビリーを好きな者は誰もいないし、同性愛者を好きな者も誰もいない」という記述もありました。
 校区のスポークスマン、アラン・ウィルボーンによると、校長は、ペニーが不満を表した後、関係している生徒の親に知らせたので、親たちは青くなってそのページを取り除かせたと言います。その後まもなく、スペイン語のクラスの生徒がビリーのブレイス(歯の矯正型)が頬に食い込むほどビリーをひどくなぐりました
  それでビリー・ウルフはどうしていますか?  現在、彼は16歳で、戸外が好き、ラケットボールが好き、女の子が好きです。 いじめ、学習障害、興味の不足、理由がいずれにしても、彼の成績は悪いです。何人かの教師は、彼がやさしい子どもであると思っています。 他の教師は、彼が容易に集中力をそらされて、時折破壊的であって、失礼でさえあると思っています。 いじめではありませんが、彼は不正行為のため、二三回の自宅謹慎を受けたこともあります。
 学校の成績から判断すると、少なくとも1人の職員が、ビリー自身が彼のうずを巻く問題に貢献していると思っているようです。 例えば、バス停でビリーを殴った少年とビリーとは、数日前に口論して押しあいをしています。しかし、ペニーは息子が受けるいじめが起こすものか価するものかという概念に賛成できません。 彼女はビリーが袋叩きに遭う唯一の生徒なのか、そして、学校がなぜいじめっ子を罰したり、襲撃レポートを警察に提出するのに気が重いのか理解できません。
 ウィルボーン(校区のスポークスマン)によると、連邦法は生徒のプライバシーを保護しているので、いじめられた子どもの親は、罰が施されていなかったと仮定するべきではないと言います。また、彼は、事件が警察の通知を必要としたなら、その決定は職員にゆだねられると言いました。
 ウルフの家族は学校側の処置に満足していません。 今月、彼らは、いじめっ子たちを訴えて、次にフェイエットビル学校区に対して別の訴訟を考えています。 彼らの弁護士、D.ウェストブルック・ドス・ Jr.は、ティーンエイジャーを訴えるのに歓喜も金銭的報酬もあまりありませんが、一つ大切なポイントがあると言いました。それは生徒はいつでも安全だと感じるのに価するということです。
 例えばビリーがアメリカ史の教科書を開いた時、ページの向こう側に反ビリーの感情を見ないことに価します。そこには、不正や有害な言葉が書いてありました。ビリーはできることをしました。「僕は修正液でそれらを消した。もし、そのページに学ぶことがなかったら、そのページは破ったと思う。」とビリーは言います。 (03/24/08, New York Times)