1/16/水 – 新しいバクテリアがゲイ男性の中で急速に広まる

新しいバクテリアがゲイ男性の中で急速に広まる

 ニューヨークタイムズの記事によると、「肉を食べている」MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)バクテリアの新しいドラッグ耐性菌が、ボストンとサンフランシスコのゲイ男性の中で急速に広まっていて、すぐにさらなる脅威を引き起こすかもしれないという。月曜日にジャーナル(Annals of Internal Medicine)に発表された研究では、研究者は、MRSAバクテリアがアナルセックスや皮膚接触で容易に広げられ、そして、触れることで皮膚の表面が汚染されるという。 研究者は、実験室が緊張を特定することができ、医師が適切な抗生物質を処方しない場合、感染はゲイ男性の間で「急速で全国的な普及の可能性を持っている」と書いている。
  この研究の別な一部によると、サンフランシスコのゲイ男性は他の地域の人々よりおよそ13倍もバクテリアを請け負う可能性があるそうだ。 症状は生殖器、臀部領域、皮膚潰瘍、肺炎、心臓障害、壊疽性筋膜炎など。すべてのMRSAバクテリアがメチシリンに抵抗力があり、また、新種は以前のフォームを処置するのに使用された耐性菌に抵抗力がある。( クリンダマイシン、テトラサイクリン、およびミューピロチン)CDCによると、2005年に全米でおよそ1万9千人がMRSA感染のため亡くなった。 ( Advocate)

******************************************
調査:ゲイの関係の方がストレートの関係より健全

 合同国際通信社の記事によると、サンディエゴ大学の最近の調査で、同性愛者の関係が異性愛者より健康であるかもしれないかということを示すいくつかの発見が明らかになった。その調査によると、性別役割、子育て、および家庭の責任で同性愛におけるカップルの方がより融通性があること、レズビアンのカップルは感情的にゲイのカップルより親密であり、またゲイのカップルは異性愛の夫婦より親密であることがわかった。ロバート・ジェイ・グリーン(Alliant International University’s Rockway Institute)はUPIに「それはつまり関係における対等性を示しています。レスビアンの、そして、ゲイのカップルは、多くの異性愛の人関係における力の不均衡と不満に陥る伝統的な性別役割分業から逃れてスタートできることを示しています。」と言った。記事によると、調査は「異性愛のカップルは、家事と育児の共有、けんかの際のソフトな話し方、お互いのあるいは子どもたちに対しての振舞いを、ゲイのカップルから学ぶことができる」と結んでいる。(Advocate)

******************************************
カナダの衛生局がゲイ男性からの臓器提供を禁止

 トロント・スター誌は水曜日、著名なエイズの医師が、ゲイ男性からの器官提供を禁じるカナダの規則を、科学的に不健全であり、困難な移植臓器不足を促進するかもしれないと批判したと報告した。カナダ保健省(カナダ政府衛生局)は12月に禁止令を実施し始めた。 献血者制限に類似しているこの規則は、性的に活発な同性愛の男性、肝炎の患者、および静脈の薬物愛用者からの臓器提供を禁じている。
  フィリップ・バーガー(トロントのセント・マイケル病院の「家族と地域医学」長)は、「この規則は何千人もの良心的な同性愛者に対してフェアでない。 彼らが別の男性とセックスしたというだけで、誠実な提供者を除くのは、全く危険のない多くの人々をも除くでしょう。」と、トロント・スターにコメントした。 「危険ゼロ」 
  しかし、ゲーリー・レヴィ博士(国の最も大きい臓器移植プログラムのヘッド)は、この禁止令は先在の注意を公にするだけだと言う。「私は、彼らのパートナーのジェンダーにかかわらず一対一の恋愛関係に30年間いる人が安全な状況であると個人的に信じている。」 それでも、系統的に同性愛者を追い払うレヴィの言うことは、理解に苦しい。
  もっとも、レヴィは、結局、使用臓器の安全の決定は、移植外科医がすると言う。 彼は、自分のプログラムで、医者がHIVの危険がないと決定した後、ゲイ男性の多くの臓器を使用したと言う。 (1/10/08, Advocate)