1/18/金 – GLSEN (ゲイ、レズビアン、ストレート の教育ネットワーク)の創始者、ケビン・ジェニングスが退任

GLSEN (ゲイ、レズビアン、ストレート の教育ネットワーク)の創始者、ケビン・ジェニングスが退任 
 
 
アメリカの指導的なLGBT組織の一つGLSEN (Gay, Lesbian, Straight, Education Network)を設立し13年間活動してきた ケビン・ジェニングスが、2008年8月退任すると発表した。「8月1日までその日その日のことに関わるわけではありませんが、その日が来て自分がこの驚くべき組織に関わらないということが想像できません。GLSENがこの先成長して、繁栄するのを楽しみにしています。」と、彼は声明で話した。ジェニングスは、1994年にGLSENを設立し、 それ以来、億万ドル単位の予算、2つの支社、および40人のスタッフと共にボランティアを拠点とするグループからなる全国的な組織に成長させた。 GLSENは性的指向や性表現にかかわらずすべての子どもがより安全に幼小中高校生活を送ることを提唱している。彼の先導的仕事の一つとして、ジェニングスは、1988年にコンコード・アカデミー(学校)で最初のGSA(同性愛者と異性愛者がLGBTのために一緒に活動するクラブ)を設立するのを助けた。現在GLSENには3,700のGSAクラブが登録している。GLSENは、後任の国内でのリクルートを始める予定だ。(Advocate)

******************************************
民主党全国委員会(DNC)は党大会のために7人のLGBT代表を承認

 民主党全国大会の運営委員会は金曜日に、7人のLGBTを含む25人の代表を2008年デンバーでの民主党の全国大会常設委員会のプラットホーム委員会、議事委員会、および信任委員会に任命した。 選ばれたのは、アラバマ州議会議員のパトリシア・トッド、ヴァージニア州のイングリッド・デュラン、マサチューセッツ州のエイズ・オフィスのディエゴ・サンチェス、および「ゲイ男性の健康の危険」のマージョリー・ヒルはPlatform 委員会に加わる。 ワシントンDCのクレア・ルーカスとカリフォルニアのエヴァン・ローは議事委員会に任命され、そして、バーモント州の議会参謀長のボブ・ローガンは信任委員会に選ばれた。任命はハワード・ディーン大会議長によって推薦された結果である。 Platform 委員会でのLGBT代表は委員会のメンバーの16%になり、大会の歴史上で最も大きい利率になるそうだ。(Advocate)

******************************************
ケンブリッジ市議会は全米で初の黒人のレスビアンの市長を選出

 マサチューセッツ州ケンブリッジ市議会は今週、アメリカで初めてとなる、レスビアンを公表している黒人の市長を満場一致で票決した。ケンブリッジ・クロニックル誌の話によると。 デニーズ・シモンズ(2001年以来の市議会のメンバー)はケン・リーブズ(彼も黒人で同性愛者)の後任となるそうだ。。チャック・ウルフ(Victory Fundの会長で最高経営責任者:LGBT政治家候補を支援して、献金するグループ)は「シモンズの選出は”別の割れたガラス天井”(注:この意味は今ちょっとわかりません)をマークします。私たちはシモンズ市長をすごく誇りに思います。前任者のケン・リーブズ市長のように、彼女は私たちのコミュニティの先駆者のひとりです。」と、プレスリリースで声明した。月曜日の全会一致の議決は委員の間で1週間の行き詰まりの結果だった。 シモンズは1992年から2001年までの市の教育委員会のメンバーとして役目を果たしたが、前の月曜日に行われた最初の投票では2票の支持しか得られなかった。ケンブリッジ市長は議会の議員によって選ばれている。 (Advocate)

******************************************
調査:両性愛(バイセクシュアル)の女性に対するステレオタイプ(概念)を疑う研究
 
 女性の「両性愛」性ははっきりした性的指向であり、「ただの過程」とか「レズビアンへの移行」ではないことがわかったと火曜日にアメリカの心理学学会(APA)がDevelopmental Psychologyの1月号で発表した。この調査は18歳から25歳の79人のレズビアン、両性愛、性的指向を確定していない女性を対象に10年間行われた結果である。APAのプレスリリースによると、両性愛者は男性あるいは女性に魅かれる安定したパターンを維持することがわかった。また、調査は両性愛の女性が一対一の恋愛関係を長期に渡って公約することができないという概念は本当ではないと示した。
  研究を行ったユタ大学の心理学者リサ・ダイアモンは、プレスリリースで、「この調査結果は、このトピックの最初の実証研究を提供し、古い概念をくつがえすものだ。両性愛者、レスビアン、性的指向を確定していない女性の魅かれ具合、振舞い、およびアイデンティティはかなりの流動性を示しており、性的マイノリティが一生のうちにその「性」をどのように展開していくかの複雑さを研究者が理解するのに貢献する」とコメントした。
  両性愛の女性は、レスビアンより自分たちのアイデンティティを変えそうだったが、むしろレズビアンと異性愛者よりも、両性愛者と確定しない性に切り替わる傾向があった。10年間の調査が終わる頃、ほとんどの女性が長期(1年以上)の一対一の関係を維持し、70%はレズビアンを自認し、89%は両性愛、85%は性指向不確定の女性、67%は自分を異性愛者だと呼んでいた。 (1/16/08, Advocate)

******************************************
ベルリンにゲイの老人ホームがオープン
 
  Age新聞は、木曜日にヨーロッパにおける最初のLGBTの老人ホームがベルリンにオープンしていると報告した。ゲイでもあるベルリンの市長、クラウス・ウオワレイト( Klaus Wowereit)は、初めから終わりまでそのプロジェクトを支持した。四階建ての施設は、個人用浴室があるハイテクの部屋に28人の居住者を収容するように建設されている。「あなたが歳を取った時、アイデンティティをあきらめ、敵対的な環境で、例えば、ルームメートがいてあなたを軽蔑するとか、そういう中で生活したくないでしょう」と、新しい老人ホームの建築家、および役員のクリスチャン・ハムは発言している。 (Advocate)