1/3/木 – 調査:年取ったゲイが病気の時頼るのは「友人」

Journal of Gay & Lesbian Social Servicesという雑誌の調査によると、66%以上の年取ったレズビアン、ゲイ、バイセクシュアルの人たちが過去5年の間に一人かそれ以上の「人々」に世話されることがわかった。 Rockway Instituteという機関によると、世話を受けたLGBはの病気は、HIV/エイズ、ガン、筋肉・骨格の病気、心血管疾患、歳に関した他の苦悩だという。調査したうちの38%は世話をしてくれた人は、ヘルス・ケアの専門家ではなかったと答えている。また76%が自分たちも必要な時他の人たちを助けたと回答している。この調査はニューヨーク市とロスアンジェルスのエルダー・ケア施設の40歳から85歳までの199人のLGBの大人を対象に行われた。
 Rockway Instituteの筆頭ディレクター、ロバート・ジェイ・グリーンは、「この結果は、市街地のLGBの年よりが自分たちのコミュニティでホモフォビアとうまくやっている、自分たちの家族から支援を受けられない、結婚からの福利厚生を受けられない、支援してくれる子どもたちがいないという社会的なネットワークの一部を示しています。何人かの社会的な理論家が、世話が絡む親密さと相互関係のために、こうしたピア・ネットワークを『選択した家族』と呼んでいます。したがって、この調査結果は、LGBの人々が年取ると空虚な生活と孤独な死に運命づけられているという古い概念とは違っています。事実、これらは、年よりのLGBの間の注目すべき『世話をする文化』という正反対の結果を明らかにしています。」
 調査は彼らの世話をした、あるいは受けた経歴や、彼らの同性愛、ストレス、精神的そして肉体的な情況に関しての彼らの重荷と利益に対する感覚についての質問も含んでいた。(Advocate)