1/31/木 – 調査:60万人のアメリカ人が HIV陽性

調査:60万人のアメリカ人が HIV陽性

 火曜日に発表された調査(National Center for Health Statistics’s evaluation of HIV patients)によると、18歳から49歳までの人口の1%弱にあたる60万人のアメリカ人が HIV陽性であることがわかった。感染しているホームレス、服役者、入院患者はこの調査から外れている。男性の方が感染率が高く0.7%、女性は0.2%。また性器疱疹に感染している人たちは15倍も多く HIVに感染していることがわかった。また40歳から49歳の黒人男性が感染率が一番高く4%近くを示した。この報告は新しい感染を示しているわけではないが、エイズ活動グループは、新しいデータはアメリカ人の毎年の HIV感染率が、前のデータよりも、50%高いことを示していると言っている。1999年から2006年の間のデータは一年間の感染者が1万2千人であった(が実際は6万人ぐらい)。国の人口を考えるとその数は推定ができるかもしれない。 ( Advocate) これに関してのニュースがこちらにも載せてあります。