3/4/火 – 弱い免疫システムを強めるDNAタンパク質の発見

 北米の調査チームは、何人かの人々のDNAから見つかったタンパク質がHIVなどのウイルスの攻撃から保護することができることを発見した。研究チームのリーダーは、「私たちのグループは、治療を受けたとしても、HIVに感染した個人において欠陥がある中央のメモリセルの生存に、主要なタンパク質(FOX03a)が必要であるということを見つけました」とプレスリリースで語った。

  この発見は男性の3つのグループを研究した後に現れた。三つのグループは(1)HIV陰性(2)HIV陽性であるが3つの治療によってコントロールされているサンプル、(3)HIV陽性であるが症状が現れていないサンプルに分けられている。 3番目のグループのメンバーは、通常はHIVによって攻撃される彼らの免疫システムが、FOX03aタンパク質の規律を通して弾力があるままであったことで治療なしで感染を避けた。
  研究チームメンバーのエリアス・エル・ハダードは「HIV感染に対してのそれらの完全な抵抗を考えると、エリートコントローラは、タンパク質がどう良い抗ウィルス性のメモリーを伴う免疫システムの維持の原因となるかを調べるために、理想的な研究グループを代表しています」と、プレスリリースで語った。 「これは、何が感染から体の免疫システムを保護するかを動物でなく人によって調べた最初の研究で、体を防御する際にFOX03aの基本的な役割を正確に指摘するものです。」
  調査の支援は、いくつかの公的資金と、他に個人的資金を受けた。 (Advocate)