Archives for "News"

Monday

October 25, 2010 5:52 pm

8/23/日 – Female-To-Male gender construction

**4月ごろからつい最近まで日本語が文字化けしており、リサーチも怠っておりました。やっとテクの人が問題を見つけて解決してくれましたので、少しずつまた興味ある記事、役に立つような記事を 紹介していきたいと思います。皆様の反応が頂ければ幸いです。 Female-To-Male gender construction:女性から男性へトランス  最近ソニーとシェアの子ども、チャス・ボノ(Chaz Bono)が, トランスであること、性再生を始めることを公表しました。 女性から男性への転換は複雑で、考えなくてはならない大切な過程が含まれています。彼はどんなセラピーや過程を受けるか詳しくはコメントしていません。デイルという人は乳房切除手術を受ける代りに胸をバインドすることを選びました。もうすぐ彼は、 子宮と卵巣の切除手術を受け、筋肉を作り、声を太くするためにテストステロンを服用するつもりです。しかし彼は性器再生手術を受けるかどうかまだ決めていません。その過程は、陰核細胞から機能するペニスを作るのが難しいため男性から女性に転換する過程よりももっと複雑です。それにもかかわらず、人がその過程を選ぶなら、トランスジェンダーの人々と働くほとんどの医者たちは 協力を惜しみません。それらはパートナー、家族、友人のネットワークを含み、最後の結果に満足がいくようにサポートしています。ホルモンの服用や手術などトランスジェンダーの健康について情報がほしい人は次のホームページ(英語)をご覧下さい。<8-23-09, Advocate> The Transgender Health pages at LGBTHealth.HealthCommunities.com ****************************************** 9月は「前立腺ガン」の月:異性愛者、同性愛者に関係なく45歳になったら男性は医者の診断を受けよう Your boyfriend may…

Monday

October 25, 2010 5:51 pm

5/10/日 – ジョージア州で11歳の少年が自殺:学校で「ゲイだとして」いじめられる

ジョージア州で11歳の少年が自殺:学校で「ゲイだとして」いじめられる Jaheem Herrera woke up on the morning of April 16 with a knot in his stomach. Over Cocoa Puffs,…

Monday

October 25, 2010 5:50 pm

5/10/日 – メイン州で同性婚が可能:下院上院を通りボルダッチ知事がサイン

メイン州で同性婚が可能:下院上院を通りボルダッチ知事がサイン  メイン州で同性婚の法律が下院で89対58、上院で22対14の賛成を得、ボルダッチ知事がサインして法律化された。ニューイングランド(アメリカ北東部)では4番目(バーモント、マサチューセッツ、コネチカット)、アメリカでは5番目の州となる。なお、この方法(下院?上院?知事)で可決されたのはメイン州が初めて。この法律のために公聴会も行われ3500人以上が集まり、住民からのコメントも何百も寄せられた。メインには約4650組の同性カップルがいると見られ、90日後の8月7日から法的に結婚できる。カリフォルニアのような反対運動も懸念されており、住民の支持を呼びかけている。 知事のコメントなど詳しいことは以下の英文をお読み下さい。私も議員に支持を訴えるメールを送ったりしました。 Maine governor John E. Baldacci signed legislation Wednesday that will enact marriage equality for the fourth state…

Monday

October 25, 2010 5:50 pm

4/18/土

ニューヨーク州:学校で「ゲイだとして」いじめられた結果、11歳の少年が首つり自殺 NEW YORK, April 9, 2009 – An 11-year-old Massachusetts boy, Carl Joseph Walker-Hoover, hanged himself Monday after enduring bullying…

Monday

October 25, 2010 5:49 pm

3/14/土

今年度は忙しくて記事を翻訳する時間がなくご無沙汰しています。たまたまこのニュースを日本語のサイトで見ましたが、「世界びっくりニュース」に出ていたのにがっかりしました。アメリカでは「子どもに悪い影響を与えるもの」に関しては親も教師も社会も関心が高く、当然のこととしてニュースに上ります。最近の人形に関するニュースは新しい「ドラ Dora」という人形です。この人形は伝統的な「女らしさ」を除いたもので、いいモデルになると歓迎されていましたが、次に出たものが「化粧」「服装」などが従来のものになったので、議論をかもしだしています。親の意見などもニュースで話されています。 バービー人形を非合法化せよ! [米ウエストバージニア州チャールストン 4日 AP] バービー人形誕生の50 周年記念に合わせて、ウエストバージニア州の政治家がこの人形を非合法化する 法案を出した。民主党のジェフ・エルドリッジ議員で、マーテル社のバービー人形とその類似商 品の販売を禁止する法案を提出した。同議員によると、バービー人形は、女性の外見的な美しさにのみ重点を置き、少 女の知的・感情的な成長に悪影響を与えているという。同議員と、彼に同調する人々は、バービー人形は、これまで長年にわたって、物 質主義と不自然な身体イメージを世に広めてきた、と批判する。バービー人形は今月9日に誕生50周年を迎える。製造元のマーテルは今年、大規 模な記念イベントを企画している。(2009年3月5日サイト)

Monday

October 25, 2010 5:49 pm

11/27/木 – シカゴで提案されたLGBT高校は棚上げ

シカゴで提案されたLGBT高校は棚上げ  シカゴのLGBTの生徒のための高校を作るプランは棚上げされた。シカゴトリビューン誌のレポートによると、 今日、教育委員会によって投票されることになっていたSchool for Social Justice Pride Campus(社会正義のためのプライド高校)を支持した教育者たちは、火曜日の夜遅く議題から提案を長引かせるように要求した。今秋にニュースアカウントで、より早く最初に表面化したそのプロジェクトを開発するチームは、シカゴのリチャード・デイリー市長と地元の活動家によってこのプロジェクトは隔離を生み出すと批判された後この決定をした。トリビューン誌はまた、何人かの牧師が不平を言ったと報告している。それに応えて、支持者はLGBTに限らず学校で脅しに遭っているどんな生徒も受け入れるという着想に変更した。しかし、それは、元の着想が希薄になったという別な批判をかもし出した。不合意を考えて、チームは、プロジェクトで別の一つを取ると決めた。学校のスポークスマンのマイケル・ヴァウグンは「その計画は薄められ過ぎて、前に進むことができるようなコンセンサスがないと感じたメンバーがチームに何人かいます。」とトリビューン誌に語った。トリビューン誌によると、その要求は来年教育委員会に提出されるという。なお、 LGBTの生徒のための高校は、現在ニューヨークにハーベイ・ミルク高校という高校が設置されている。(11-20-08, Advocate) ****************************************** 同性結婚に関して、カリフォルニアは2010年に再度投票要求?  同性婚禁止に対しての法的措置がProposition8の結果を破棄しないなら、カリフォルニアでのゲイの権利組織団体は2年後に同性結婚に関して、有権者の再度の採択を要求するかもしれない」とAP通信は報告した。Proposition8というのは、11月の選挙時に住民の投票を要求した提案で、同性カップルの結婚を禁止するため、カリフォルニアの法律を修正して、その結果、同性結婚を合法化する5月の州の最高裁決定を無効にしたもの。投票は52%が同性婚反対で、48%が同性婚賛成だった。現在、3つの異なる団体が州の最高裁に、投票の比率が高かったからといって、簡単にマイノリティ・グループの権利をはく奪するために憲法を変える法的権限は、多数派にはないと訴訟を起こしている。しかし、その訴訟が失敗したら、2010年に再度投票が行われ、同性婚の禁止令がひっくり返るように、署名運動をしかけるとEquality California(同性愛者の支持団体、全米の州にある)のジェフリー・コースは発言した。コースはさらにAP通信に「私たちの法的な運動や多くの支持者との運動で、私たちは疲れているが、そ後に私たちは投票に戻るつもりです。私たちが投票に戻る必要がないことを願っています。これらのことは、有権者が決めるべきことではありません。」と語った (11-14-08, Advocate) ****************************************** マンハッタンで、Prop. 8 の支持集会   コネチカット州が同性結婚の許可をし始めたのと同じ日(水曜日の夜)に、何千人ものニューヨーク市民が、それと同じ権利をはく奪したカリフォルニアでの最近の投票結果について異議を申し立てるために集まった。 集まった人数は、1万5000人以上にのぼる。(11-14-08, Advocat

Monday

October 25, 2010 5:46 pm

11/12/水 – オバマはHIV資金援助のための「堕胎禁止と禁欲教育のみ」項目を取り除く予定

オバマはHIV資金援助のための「堕胎禁止と禁欲教育のみ」項目を取り除く予定  オバマ次期大統領は、ブッシュ政権が全米に広げた家族計画と、堕胎禁止と禁欲の教育を含めたエイズ予防支援政策の変換を計画しています。  ジョージ・ブッシュ大統領によって制定されたエイズ援助のための緊急計画は、世界中の貧しい国の300万人の人に薬を施し、エイズの防止と救援を提供する450億ドルのプログラムです。 女性の健康を考える委員会でオバマ氏と共同議長を務めるスーザン・ウッド氏は「そのプログラムは、コンドーム使用より禁欲と一夫一婦主義が強調されましたが、それは性感染症の感染率の上昇を促進しただけだと多くの人々が信じています。それは見当違いの方向に進んでいます。私たちは、それを変え、防止と家族計画サービスを促進して、国民の健康を強化する必要があります。」とブルームバーグ・ニュース誌で述べました。  2001年1月のジョージ・ブッシュの政権初日に、彼は米国は堕胎支援、包括的な性教育にかかわる組織の家族計画教育に資金を供給するのを禁じる方針を打ち出しました。ウッド氏は、「経口避妊薬」を窓口販売から取り除くことにおける政府機関の遅れに対して2年間抗議し、女性の健康のための食品および医薬品局の規制の役を2005年に辞職しました。 (11-12-08, Advocate) ****************************************** Keith Olbermann(CNN のニュース・アンカー)がカリフォルニアのProp. 8 の通過〔同性婚の禁止)に関して報告と発言  私はたまたまこのニュースを見たのですが、翻訳は後ほど・・・。これは住民投票で同性婚反対になったのですが、その前後運動やデモが繰り広げられました。エレン・デジェレネス(レズビアンのコメディアン)やドリュー・バリモア(女優)も支援運動に参加しています。まずは英語の記事にトライしてみてください。(11-12-08, Advocate)

Monday

October 25, 2010 5:34 pm

11/2/日 – 研究調査:HIVの治療は早急にすべき

研究調査:HIVの治療は早急にすべき  シアトルのワシントン大学の新しい調査結果によると、HIV陽性の患者の治療を延期すると、死亡の危険率はすぐ治療を受けた患者と比べて高くなると言う。人の免疫システムが既に十分破損されているとき、すぐ薬物治療をするか、待つかは大きな問題だ。これまでは、新しく感染した患者はT細胞計数が血液の立方ミリメーターあたり350(注:健康な数値は800以上)以下になるまで治療を待つように言われていた。心臓、コレステロール問題、下痢、吐き気などの副作用があるので、医師たちは、患者がエイズの兆候を示していなければ、その治療を始める価値はないと考えていたからである。しかし、ワシントン大学の調査は、T細胞計数が350以下に落ちる前に治療を受けた患者の方が、350以下に落ちてから治療を受けた患者よりも、生き残る可能性が高いこと(70%)を示した。研究費用を援助した国立アレルギー感染病研究所のアンソニー・ファウチ博士は、AP通信とのインタビューに「データは、もしその時治療を待つなら、死亡の危険性がより高くなるように見えることを示しています。」と答えた。 また、ファウチ博士は、新情報の観点に基づいて処理ガイドラインがすぐに改訂され、医師がこれに従って治療を始めるだろうと予測している。ちなみにアメリカでは毎年56,300人が新しくHIVに感染している。(10-31-08, Advocate) ****************************************** コネチカット州で同性婚は11月から開始  コネチカット州の同性愛のカップルは、11月から実際に結婚することができることになっているが、正確な期日はわからないととAP通信が報告。州の結婚のケースについて論争した弁護士は、同性カップルは11月10日以後のいつか彼らの婚姻許可書の申し込みができるとコメントした。 正確な期日は、同性婚のケースが2004年に起こったニュー・ヘイヴン最高裁判所で裁判官によって決定されるという。AP通信によると、州の最高裁の判決は公式であると考えられるので、それはロー・ジャーナルで公表された。 それに関しての再考のための動きは公表後10日間受け入れられる。 その期間が終わると、最高裁判所裁判官は同性婚のための日時を自由に定めることができる。(10-30-08, Advocate) ****************************************** コネチカット州の法廷で同性婚が認可  コネチカット最高裁は10月10日金曜日に州の保健衛生部(Public Health)に対するカリガンとモックの原告であった8人のゲイのカップルを支持し、4対3で同性婚を許可する決定をした。それは事実上、州の同性婚を合法化することになり、コネチカットはマサチューセッツ、カリフォルニアに次いで3番目の同性婚を認可する州になる。 カリフォルニアとマサチューセッツと同じく、州外者でも、コネチカットで結婚することができる(注1:時々問題になる離婚はどうか?)。  法廷はゲイとレスビアンのカップルの結婚の権利を否定するのは違憲であり、同性シビルユニオン(州ですでに認可)は不平等であると指摘した。 裁判官のリチャード・N・パーマーは、一般のために「私たちはそう決めました。ゲイとレスビアンが直面していた不平等な権利の歴史の観点からです。シビルユニオンでは具体化しなかったことが、結婚による結合で二人の新しい状態と意味をさらに深長に具体化する状態が生まれます。それに、異性愛と同性愛者カップルの権利の隔離は認識可能な害を生み出すと考えます」とコメントを書いた。  最終章には、ゲイとレスビアンの平等の権利のほうが結婚に対する伝統的な視点より最優先されなければならないと宣言している。「私たちの結婚に対する従来の理解は、憲法による保護の権利を与えられている権利に、もっと現代的な観察事項につながらなくてはなりません。 しっかりと同等の権利を保障した憲法の条項に一致した私たちの州の条項の解釈は、同性パートナーも異性パートナーと同じように自分の選んだ相手との結婚の選択ができ、その権利を与えられるという必然的な原理です。別の方法で決めることは、同性愛の人々とすべての他のものへの別の1セットの憲法の本質を適用するのを必要とするでしょう。 法の下における平等の保護の保証、およびその要求を認定する私たちの義務は、そうすることを禁じています。…

Monday

October 25, 2010 5:33 pm

9/3/水 – ティーンがセックスに関して知りたいすべて

ティーンがセックスに関して知りたいすべて  しかし、保健の時間に必要で、安全なセックスの授業が教えてもらえるとはかぎらないので、何人かのシカゴのティーンが新しいステージ・ショーを開き、自分自身の手にゆだねた。  シカゴの保守的な牧師の娘として育った、プーキー(市の北地域の高校生、16歳のレズビアン)は「家では全ては神に関することで、セックスに関してほとんど学ばなかった」と言う。プーキーは「もし家族にカムアウトしたなら、私のおとうさんは爆発して、私からレズビアンの精神をとりあげようとするでしょう」と言う。 プーキーは、「学校は啓発的ではない。性教育は異性愛者のセックスか性感染症で、精子と卵子がくっついて子どもができる、あるいは、子どもを作らないようにコンドームを使うこと…に限られている」と矢つぎばやに言う。通常、LGBTの生徒が一つだけ納得することは、頭文字(多分LGBT)の5分間の説明だ。異性愛者の級友がLGBTの存在を学ぶからである。  結婚まで禁欲するようにとか、HIVを含む性感染症とか、安全な異性愛者のセックスとかを教えられるかどうかに関わらず、多くの同性愛の生徒は彼らの健康の必要に関する基本の事実を高校で教わっていない。プーキーのようにそれを要求するとしても、教師の答えは、「カリキュラムにはそのような内容がない」とだけ。「それでは話にならない」と、プーキーは言う。  しかし、それは彼女があきらめたということではない。彼女は同性愛のティーンの実話を上演することによって、不可視や無視を訴えるシカゴのAbout Face ユース劇団のFast Forwardというショーの上演に参加した。舞台は教室のようにセットされていて、ショーは19人のティーンによるもので、彼らの友人と彼ら自身の経験に基づくスクリプトになっている。  ポーラ・ギロビッチ(About Faceの教育プログラムディレクターであり、Fast Forwardのディレクターでありライターでもある)は「話はしばしばHIVに関わります。というのは、疾病対策センターによると、米国の新しい感染のおよそ半分が25歳以下で起こるからです」と言う。話の一つは、セックスを経験したことのない若者が大都市に来てダンサーになり、新しいボーイフレンドがHIV陽性であることがわかるというもの。別な話は、HIV陽性に感染して生まれた女の子が高校で同級生からスティグマを受ける話。また他の話は、ストレート(異性愛者)であるガールフレンドがHIV陽性である男性と関係する、レズビアンの話。  「現在の性教育が効果をあげていないだけではなく、’結婚までセックスしない’という教育は明らかに同性愛嫌悪です。これらの子どもたちを危険にさらすからです。」と、この上演に2年間関わっているギロビッチは言う。役者とライター(二役をこなす者もいる)は人づてによって、前のAbout Faceの活動のときに募集された。 劇場グループ(大人を対象にしたAbout Face Theatre)は、町のコーヒー店、ギャラリー、およびコミュニティーセンターなどいたる所で性のアイデンティティ、性的指向に関してショーを行った。 ショーが行われると、ティーンはセックスに関連した健康問題をお互いに話し合った。そして、それらの(しばしば逐語的な)会話がスクリプトになった。  その過程の一部として、劇の関係者はブロードウェイのユース・センターから同性愛者を含む包括的な性教育を受けた。 また、彼らは、年長の同性愛の人々との交遊会に出席した。それは多くの学生にとって特に強い経験であったらしい。…

Monday

October 25, 2010 5:33 pm

8/7/木 – いじめっ子が繰り返しいじめるタイプの男の子

いじめっ子が繰り返しいじめるタイプの男の子  それぞれの学校に行くために道路の角で姉妹といっしょにバスを待っている、ひょろ長い、骨ばった男の子が立っています。彼の名前は、ビリー・ウルフ、悩みを持った高校2年生です。ちょっと前に、彼は、のん気な5歳の子どもとしての写真が飾ってある、聖域である家を出ました。今彼は、野球帽をかぶって、傷つきやすい15歳としてバス停にいます。  スクールバスの黄色と同じ車が止まりました。降りてきた男の子はそばにいる兄弟に「ビリー・ウルフを痛めつけよう」と言っています。一人は携帯電話のカメラで襲撃を記録しますが、もう片方は、ビリーの方に歩いて、こぶしサイズのみみず腫れができるくらい彼の額をなぐります。  ビデオは、ひょろ長い腕でビリーが食い止めようとし、防ごうとする彼のかばんが落ちて、よろめくのを映しています。 しかし、彼の姉妹の悲鳴は冷酷さを止めさせます。ビリーは再び家に帰りますが、いじめっ子は、その瞬間のビデオを友人に見せるために学校に向かいます。 まだ朝の8時前です。  全米の中でもいい学校組織を持つ、ここ6万都市のフェイエットビルFayettevilleですが、いじめはいたる所に存在します。10年前、フェイエットビルの一人の生徒が、ゲイであることで脅かされ暴力を振るわれました。それ以来、人権権利団体によって告訴が提出された後、市当局は寛容と尊重を促進するための方針を取り入れましたが、ビリー・ウルフのように全部が安らぎを得たとは言えません。  どうしてビリーが12歳のときからいじめのターゲットになったかは、不明瞭なままです。 「学校人類学」はとても微妙な違いがあります。 多分、ビリーはとても背が高く、当時目がねをかけていて、読解力に影響する学習障害があったので、それらのどれかが原因かもしれません。 あるいは、多分何人かの子どもはただ退屈しのぎに、あるいは何かの腹立ちまぎれにビリーをターゲットにしたのかもしれません。  理由が何であっても、ビリーのいじめを記述するのは彼の両親の副業になりました。 データ・アナリストの父親カート、事務用品会社所有者の母親ペニー。 彼らは、打撲傷と目の回りのあざを記録する写真を伴った学校の記録のバインダーと警察への報告書を持っています。彼らは学校の職員によく知られていますが、用心深いことの言いわけを全くしません。 また、彼らはこのいじめのために地区から引っ越すべきであるというどんな提案も拒絶しています。  多くの事件が一つの拡大されていく襲撃に一緒にぼけるようにみえます。 ビリーがいじめっ子の名前をリストするとき、母親は彼の誤りを正します。 「それはベニーだったよ。8年前ね。」と、彼女は言います。 ずっと昔、一人の少年が電話してきてビリーにheh-hehというセックスのおもちゃを買わないかと持ちかけました。ビリーは、自分の母にそのことを話しました。すると母親はその少年の母親に知らせました。翌日、その少年は ビリーを痛めつけたがっていた20人の少年の名前のリストをビリーに見せました。…